動画で見る阿呆 「ラクーア」阿波おどり

 気楽な阿波囃子人になって早4ヶ月。去る者は日々に疎し、とはよく言ったものです。あっ、これは去られた側のことわざでした(^_^;)

 というわけで見る阿呆レポ第一弾。と言っても動画ですm(_ _)m。出演は、高円寺からひょっとこ連さん、吹鼓連さん。この二つの連に南越谷天水連さんと徳島藍吹雪さんが加わった形のコラボ連です。もう過去何回も同じような形でやっているので、やる方も手慣れた感じで安心して見ることができました。





 いわゆる舞台でやる阿波おどり、組踊りともいうんですがそのレベルの高さには素直に感心しました。第一部第二部とも見たんですが、内容を変えつつレベルの高さを保っているのは凄いです。しかも合同連ですからね。それぞれの連に核になる持ちネタがあるのが強みの一つの要素だと思いますし、各人のレベルの高さもあるからこそでしょう。内容は第二部が各連の個性を活かした構成+鳴り物紹介が入っていました。

 あと見終わって思ったのは、もう舞台はマスゲームでないと持たないんだな、ということ。これは男踊りも例外でなく、一人一人ではなく一つの塊として見せていかないと舞台が成り立たないというのを強く感じました。で、考えてみるとこれを実現するにはある程度の人数が必須になります。男踊りの人数が少ないところはここが弱点になるでしょうね。

 自分自身は男踊りのマスゲームについてはあまり好きではなかったんですが、今回考えを改めました。もう舞台をやる以上はもうやっていかざるを得ないことなんだなと、納得しました。ラクーアの舞台の出来が納得させてくれました。

 これからの阿波おどりは見せる阿波おどりを強く意識する連と、そうでない連と二極化していくのかな。でもあえて言うと、阿波おどりって究極は個人だと思います。ただ踊っているだけで惹きつけるオーラを出している踊り手。それが一番好きなのは変わらないです。

 今回一番お気に入りの構成は、第二部のスロー。第一部は笛ソロだったんですが、二部は音を抑え目の普通のぞめきの中に笛ソロでスローが入るやつでした。スローに合わせても普通のぞめきに合わせてもOKていう状況で各自がいろんな工夫で見せてくれました。

 動画撮影の皆さま、ありがとうございました。今年は動画見る阿呆が多くなりそうです。それって悲しいな~(T_T)

江戸囃子(笛・太鼓)のお稽古

 家の方でいろいろあって練習時間が減っていますが、それを言い訳にしてはいけません。もっと時間を有効に使わないと!

 今回音声をアップしていますので興味のある方はお聞きください。

----------------------------------------------------
寿獅子(素囃子)の稽古時演奏の記録です。

唐楽(能管)、 通り神楽、 屋台、 早鎌倉、 四丁目、 早鎌倉、 子守歌、 屋台、 本間、 大黒舞、 仁羽、 神楽昇殿、 屋台、 本上げ

江戸囃子・寿獅子の笛や太鼓をお稽古しています。なかなか上達しませんが、今の時点での記録としてアップロードしています。この演奏では笛を吹いています。途中手がメロメロになったり、未熟な演奏でお聞き苦しいところ多々ありますがご容赦ください。

同じようにお稽古している方の参考になれば幸いです。
----------------------------------------------------



屋台は一番最後の屋台の最後の2周りは自分の中ではいい感じかなと。あの速さの中で慌てた感じがなく聞こえる。その他は遅れたり慌てたりしています。あと大黒舞とか昇殿での7メの音程とか音色がまだ全然。全体的に吹くだけでいっぱいいっぱいになっています。まあでも最後まで吹けるようになったんですよ。ひとっ囃子も大変でしたけど、この獅子の一連の流れを吹くのは本当に大変なことなんです。この先はちょっとしゃれて吹くことも研究してくださいとのご指摘。もう少しです、とby師匠。子守歌の低音バージョン、低音からオクターブ上げバージョンを研究するようにとのこと。音色・呼吸コントロールのいい練習になるそうです。

 太鼓の練習は1月お正月ということで、実際に五人囃子でメンバーを入れ替えながら練習。昇殿は締太鼓はサラッと、大太鼓はもたれ気味に。そうしないとサラッと行き過ぎる。笛も味を入れること。この味を入れることが今の自分の大きな課題。囃子らしい感じを出す。この辺は習うというより研究(盗む)部分が大きいところ。

 鉦も自主練習からちょっと始めよう!

篠笛・能管お稽古 長唄「七福神」

 3月にちょっと吹くことになっていて教わっていますが、この曲流派によって手がかなり違っているそうです。藤舎流太鼓の附けを師匠に確認していただき、いろいろと教えていただきました。まだグレーゾーンが残りましたが、はっきりわかった部分もあり、とてもありがたかったです。

 師匠から迷いながら吹いてはいけない、と言われました。が、師匠~!今日の段階ではしょうがないです。一つずつ足場を固めていくしか能がありませんから。

 今回自分なりにいろんな音源を聞いて能管の音を拾ってみましたが、以前に比べてだいぶ拾えるようになってきました。祭囃子も吹けるようになると、音が拾えるようになってきたのと同じことだと思います。少しは進歩しているじゃん>自分。たまには自分をほめよう!

長唄三味線のお稽古 「雨の四季」

 何回目か忘れましたm(_ _)m。八千代座のお浚い会の後、「助六」と「雨の四季」の2曲やっています。自分のペースは今のところ年2曲な感じです。もっとも昨年はその合間に、「廓」だと「まつり」とかやっていますのでアップアップです。

 暗譜は9割方かな。物売りのあと、一人で弾く部分があってここのノリを細かく注意いただきました。ダラーと弾いたらいかんのです。後半に向かってノっていくんですが、あまり速くなるとその後の方で自爆必至です。

 まだまだただ弾いているだけなので、これから少しでも曲になるよう頑張ります!

長唄三味線 まつり@国立小劇場 終わりました

 当日は着物で行くことに。前は着物の上にベンチコートを羽織って行ったこともあるんですが、せっかくだから着物用のコートを通販で買ってしまいました(汗)。現地で着替えるという手もあるんですが、控え室はたぶんそんなに広くないので荷物は少ない方がベターなんです。

 控え室には、お弁当とお土産。弁当美味しかった。お土産もたくさん。出演者に対する心遣いが感じられる品々です。ぽち袋なんかは時期的にも助かります。控え室で師匠にもお手伝いいただき、二と三の糸を張り替え。今回は丸三を用意。張り替え後はお弁当をいただいたり、糸を伸ばしたり。

 本番は個人的にはアクシデントがあって、たぶんお見苦しい姿をお見せしてしまいました。ああするのが精一杯でした。そういう意味では悔いが残りましたが、最終的には自分の責任ですので、良い経験をしたと思っています。

 でも楽しかったです。お稽古、合同練習、下浚い、本番と楽しいことはたくさんありました。何よりもでられたこと自体が楽しかったし嬉しかった。いろんな人の支えでこの場にいられるんだなあと。まずはみどケロさんに感謝。休日出勤してくれたMさんに感謝。そこまで回復した母に感謝。そんな事情を踏まえて、お稽古日を空けて待っていてくれた師匠に感謝。励ましてくれた先輩後輩の皆さん。応援に来てくれた方。全ての人に感謝です。

 三味線は楽しいなあ。邦寿組は楽しいですよ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。