スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

篠笛・能管お稽古 長唄「勧進帳」

 「七福神」はいったん置いて、途中だった「勧進帳」を勉強しました。今回はホントに勉強という感じで、特に後半の中ノ舞、延年の舞、あたりのお話がメインでした。正直に言うと、半分も理解できていない自分。このあたりはいろんなパターンがあるそうです。伊十郎CDバージョンを題材に具体的にここはこの部分とか。これならまだ少しわかります。お手本もたくさん吹いてくださり耳より目が釘付け。録音より録画したいです。盤渉舞というのは中ノ舞の一音高いバージョン。笛での話です。

 こうして日記に書いても、ようわかりません(笑)。あとは実践と実戦ですね。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。