スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動画で見る阿呆 「ラクーア」阿波おどり

 気楽な阿波囃子人になって早4ヶ月。去る者は日々に疎し、とはよく言ったものです。あっ、これは去られた側のことわざでした(^_^;)

 というわけで見る阿呆レポ第一弾。と言っても動画ですm(_ _)m。出演は、高円寺からひょっとこ連さん、吹鼓連さん。この二つの連に南越谷天水連さんと徳島藍吹雪さんが加わった形のコラボ連です。もう過去何回も同じような形でやっているので、やる方も手慣れた感じで安心して見ることができました。





 いわゆる舞台でやる阿波おどり、組踊りともいうんですがそのレベルの高さには素直に感心しました。第一部第二部とも見たんですが、内容を変えつつレベルの高さを保っているのは凄いです。しかも合同連ですからね。それぞれの連に核になる持ちネタがあるのが強みの一つの要素だと思いますし、各人のレベルの高さもあるからこそでしょう。内容は第二部が各連の個性を活かした構成+鳴り物紹介が入っていました。

 あと見終わって思ったのは、もう舞台はマスゲームでないと持たないんだな、ということ。これは男踊りも例外でなく、一人一人ではなく一つの塊として見せていかないと舞台が成り立たないというのを強く感じました。で、考えてみるとこれを実現するにはある程度の人数が必須になります。男踊りの人数が少ないところはここが弱点になるでしょうね。

 自分自身は男踊りのマスゲームについてはあまり好きではなかったんですが、今回考えを改めました。もう舞台をやる以上はもうやっていかざるを得ないことなんだなと、納得しました。ラクーアの舞台の出来が納得させてくれました。

 これからの阿波おどりは見せる阿波おどりを強く意識する連と、そうでない連と二極化していくのかな。でもあえて言うと、阿波おどりって究極は個人だと思います。ただ踊っているだけで惹きつけるオーラを出している踊り手。それが一番好きなのは変わらないです。

 今回一番お気に入りの構成は、第二部のスロー。第一部は笛ソロだったんですが、二部は音を抑え目の普通のぞめきの中に笛ソロでスローが入るやつでした。スローに合わせても普通のぞめきに合わせてもOKていう状況で各自がいろんな工夫で見せてくれました。

 動画撮影の皆さま、ありがとうございました。今年は動画見る阿呆が多くなりそうです。それって悲しいな~(T_T)
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

阿波踊りの曲 (騒(ぞめき)囃子) は身体が勝手に動く様で良いですね。太鼓の先生(村山二朗)のCD「日本の祭り 笛紀行」にも収録されており、太鼓の練習の時には「ドドンガ ドンスト ドドンガ ドンスト…」とたまに練習します。その時はメンバー全員ノリノリです(^-^)

Re: 笛の旅人さん

阿波おどりは浮きの拍子、シャッフルのリズムなので聞いていると自然とノリノリになりますよね。笛のメロディ、三味線も楽しい、いいお囃子です。もちろん踊りも!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。