スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

篠笛・能管お稽古 長唄「七福神」

 3月にちょっと吹くことになっていて教わっていますが、この曲流派によって手がかなり違っているそうです。藤舎流太鼓の附けを師匠に確認していただき、いろいろと教えていただきました。まだグレーゾーンが残りましたが、はっきりわかった部分もあり、とてもありがたかったです。

 師匠から迷いながら吹いてはいけない、と言われました。が、師匠~!今日の段階ではしょうがないです。一つずつ足場を固めていくしか能がありませんから。

 今回自分なりにいろんな音源を聞いて能管の音を拾ってみましたが、以前に比べてだいぶ拾えるようになってきました。祭囃子も吹けるようになると、音が拾えるようになってきたのと同じことだと思います。少しは進歩しているじゃん>自分。たまには自分をほめよう!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。