スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長唄三味線 まつり@国立小劇場 終わりました

 当日は着物で行くことに。前は着物の上にベンチコートを羽織って行ったこともあるんですが、せっかくだから着物用のコートを通販で買ってしまいました(汗)。現地で着替えるという手もあるんですが、控え室はたぶんそんなに広くないので荷物は少ない方がベターなんです。

 控え室には、お弁当とお土産。弁当美味しかった。お土産もたくさん。出演者に対する心遣いが感じられる品々です。ぽち袋なんかは時期的にも助かります。控え室で師匠にもお手伝いいただき、二と三の糸を張り替え。今回は丸三を用意。張り替え後はお弁当をいただいたり、糸を伸ばしたり。

 本番は個人的にはアクシデントがあって、たぶんお見苦しい姿をお見せしてしまいました。ああするのが精一杯でした。そういう意味では悔いが残りましたが、最終的には自分の責任ですので、良い経験をしたと思っています。

 でも楽しかったです。お稽古、合同練習、下浚い、本番と楽しいことはたくさんありました。何よりもでられたこと自体が楽しかったし嬉しかった。いろんな人の支えでこの場にいられるんだなあと。まずはみどケロさんに感謝。休日出勤してくれたMさんに感謝。そこまで回復した母に感謝。そんな事情を踏まえて、お稽古日を空けて待っていてくれた師匠に感謝。励ましてくれた先輩後輩の皆さん。応援に来てくれた方。全ての人に感謝です。

 三味線は楽しいなあ。邦寿組は楽しいですよ!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。