スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長唄三味線お稽古

 ちょっとバタバタして10分ほど遅れてしまいました。師匠には連絡入れましたが、貴重な稽古時間が(涙)。と思ったらたまたま次のコマが空いていて、30分きっちり稽古していただきました。ラッキー。

 「雨の四季」最初の方を暗譜で弾こうとしたらボロボロ。ん~、暗譜って100%じゃないとダメですね。なんか全体的にボロボロでした。どうしても「まつり」に時間を取ってしまうので…。あと、新しいズボンで行ったんですが、正座がいつもよりきつい。師匠にお願いして途中から正座椅子をお借りしました。ちょっと細身のズボンだったのが仇となりました。

 「まつり」の方はちゃくちゃくと覚えつつあります(ホントか:笑)。この分だとクリスマスイブまでには何とかなるかな。暗譜で一番大事なのは譜面を開かない、みたいです。なかなか難しいですが。あとは音源に合わせて弾くとボロボロになるので。これも大事な練習です。

 この「まつり」勘所のいい練習になる気がします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

三味線の稽古

我が家の近くに三味線を教えている師匠がおります。そこを通る時には立ち止り聴き入っています。
どうやら長唄らしく習いに行きたいと思っているのでが、玄関を開ける勇気と、先立つものが(;一_一)

先日、町内会長さんが笛と三味線で老人会の行事に是非参加をと言って頂けるのですが中々スケジュールが合わなく、未だに実行されておりません(;一_一)

Re: 笛の旅人さん

先立つものは大事ですからね(笑)
三味線もとっても楽しいですよ=難しいです(^_-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。