スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長唄 篠笛・能管 稽古 「俄獅子」

 能管、狂言鞨鼓をマイナーチェンジ中なんですが間を外ししまう。音に気を取られて間が取れていない状況。ただ音の方向性は間違っていないと師匠もおしゃっているので頑張ろう。慣れの問題。

 竹笛、キリンと神田丸はだんだん良くなってきているとのこと。前回ギブアップした屋台は何カ所かダメ出しいただきました。もっと歯切れ良くというのがポイントです。微妙に間がずれてしまうのもよくない。こういう曲で大事なのでは他の音を聞くことだと痛感します。自分のような素人笛吹きが長唄のこういう曲に吹くときは、付けしか頼るものがないという、ある意味徒手空拳なんです。頼るものは頼りない自分だけという状況。

 今の師匠についてホントにありがたいと思うのは、そういう話を笑いながらも真剣に聞いてくださること。そして今回最後に吹いたときは太鼓の唱歌を歌ってくださいました。ありがたいです。最後に、なかなかポンとできるようにはなりません。師匠も何千回も吹いて覚えていったこと。そしてふくふくさんも前回ギブアップだったのがここまで吹けるようになった。それはあきらめないで練習したからでしょ。あきらめたら終わりですから。とのお言葉。スラムダンクの安西監督の「あきらめたらここで試合終了だよ」を思い出しました(笑)。頑張ります。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

長唄

長唄の「あしらい吹き」はあきらめたくなってきます。次回から「安宅の松」「越後獅子」のお稽古をしていたがきますが、「あしらい吹き」の譜面が無く師匠のCDを聴き音を探します。

暫くは忍耐勝負になりそう!!お弟子さん皆さんが通って来た道だから諦めないでとの師匠の温かいお言葉を頂きました。

Re: 笛の旅人さん

お気持ちよくわかります。

安宅の松はまだですが、越後獅子はさらいました。

↓そのときの日記
【長唄 篠笛・能管】 越後獅子 1回目
http://awafue.blog56.fc2.com/blog-entry-621.html

越後獅子好きです。安宅の松も笛の名曲だそうですv-290
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。