スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸囃子の稽古

 久しぶりに浅草へ行ってきました。篠笛は寿獅子。

唐楽・通り神楽・屋台・鎌倉・投げ合い・鎌倉・子守歌・
屋台・本間・大黒舞・仁羽・神楽昇殿・屋台・本上げ

 一通り吹いて、もうひと息なところまできているんですけどね、と師匠。いえ、できていないのは自分が一番わかっています。この獅子の肝は屋台だと思うんですが、これの間が悪い。ちょっと遅れるところがあって、太鼓打ちが間を計ってしまうとのこと。屋台だけ吹き直すと、今度は走りすぎ。直す取っ掛かりが見つからない感じです(涙)。

 もう一ヶ所は能管から持ち替えての通り神楽の出だしのチヒが弱い。これは普段なかなかやらないこと、と言い訳になるんですが、能管と篠笛は吹く感じが大きく変わるので難しいです。

 音自体は最後まで安定して出るようにはなっているので、あとは踏ん張って頑張るしかない。練習。練習。

 太鼓はひとっ囃子。いかん、大太鼓の手がすっかり抜けてしまった。締太鼓、つけバチを意識すると手がぎごちなくなる。だけどこればかりはやり続けるしかない。後半、少しノリがよくなってような気がする。特に投げ合いはつけバチがあった方がノリがよくなる。実際の祭りは8割方投げ合いなのでここは大事なところ。

 上級チームは難しいことをやっていたが、自分はまだそこまでいってない。正確なリズム、ノリの良い太鼓というのはホントに難しい。太鼓って打てば鳴るからやさしそうに見えるがとんでもなく難しい鳴りものだと思う。師匠が打つ太鼓はほんとに素晴らしい。それが稽古で聞けるだけでも幸せです。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。