スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長唄三味線 「雨の四季」 8回目

 抜き差しが決まりました。というわけで今日からは抜き差しバージョンでお稽古です。出だし本調子最初の方は何とか譜面を見ないようにして弾けました。これからそれを少しずつ長くしていけばOK、のはず。

 で、今日は秋に出る千代田区の邦楽祭?の「廓」の方も本格的にお稽古していただきました。騒ぎとかチンチリレン、スガガキ、新内流し、椀久の玉(お茶の口切り~)とかをつなぎ合わせた合方集です。それぞれ本手・替え手チームがあって、まあ自分は簡単な方なんですが(笑)、玉は地だけ弾いてくださいと言われたような気がしていたんですが、どうも今日の稽古の様子だとそうでもないようです。でもこういういいとこ取りの三味線は楽しい!手のバリエーションが増えて、こういう積み重ねが三味線の地力になってくるんだと思う。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。