スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長唄三味線 「雨の四季」 5回目

 稽古前に師匠のユニット伝の会の合方、松永鉄九郎師匠がクリスマスに国立で会をやるにあたって、邦寿一門で一つ番組出すとのことで、どうしますか?とのお尋ね。人数限定だし、まだ初級だし、師匠から振られなければ出る予定ではなかったんですが、聞かれたからには出ずにはいられない性格なので(笑)、取りあえず出る方向になりました。はたして、曲が間に合うのか。間に合わなくてもエアーで頑張ります。

 で、雨の四季は通しで1回弾いて終了。そろそろ暗譜していかないといけないが、こればかりはまだ半年あると思うとはかどりません。どこを抜くか師匠もまだ決まらないようです。

 秋に某所でやる廓(廓で使われるような合方集)を初レッスン。難しい手は先輩方にお任せして、地だけを弾けばいい部分も多いので、何とかなるかな~。ただそれだけだともったいないので替え手とか手も練習しておこう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。