スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長唄 篠笛・能管お稽古 「雛鶴三番叟」

 風邪気味の時はお稽古に行くのホントはいやなんですよね。ビャービャー風邪の菌を吹きかけるわけで…。でもこんときはまだそれほどでもなかった。終わってから急に悪化。緊張が解けたせいもあったかも。結局、この後の浅草の用事はキャンセルしました。

 お稽古は、大ユリ、三番地、竹笛。繰り返しの数を間違えた。数より、唄とか三味線の手を聞いた方が良いですよとのこと。吹くのに精一杯だとなかなか音聞けないんですよね。次回鈴の段というのをやって上がりそうです。この鈴の段は、素の演奏会ではやらないそうです。今回はこの分も含めてやることに。そろそろ次の曲を決めてくださいとのこと。お三味線はシェフのお任せなんですが、笛はこちらが主体で決めさせていただいています。

 ん~、何がいいかな。助六とかの小粋な江戸物(こんな言い方あるか知りませんが)がいいかな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。