スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長唄三味線 「雨の四季」 5回目

 お稽古場の三味線がいつものと違っていた。棹がちょっと太め&マーキングなし。以前だったら大撃沈していたとこですが、多少沈みながらも無事航行できました(笑)。調子変えが2回、本調子→二上がり→三下がりなんですが、少しスムースに行ける感じになってきたかな。こういうのも数ですね。

 お稽古の最後にどこを抜こうかな、と師匠。譜面を眺めていたんですが、どこも抜けないなあ~、とおっしゃり、取りあえず構成は今のところ不明です。一曲まるまるは時間オーバーなので、その辺は師匠にお任せして、自分はこれからまずは暗譜しないと。

 秋の出し物は、結局浚わずに終了。家で少しずつやってますが、かなり手強い…。これは今から相当頑張らないと、出るだけになっちゃいそう。騒ぎとかチンチリレンとかが部分部分入っているところは曲もわかるんですが、知らない曲は弾いていて合っているのかが不安。でもやっていて楽しいし、手のいい練習になりそう。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。