スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長唄三味線 「雨の四季」 3回目

 お稽古ってまあ普通曲の頭から始めるので、この最初の方でつまづくと、はいもう一回そこやりましょう、ということになってなかなか前に進みません。今回は本調子の部分は一回でさらーっと過ぎて、前回やった二上がりのところを三回ほど弾いて、次の三下がりに入りました。進み方としては順調だったように思います。師匠も譜面をめくって次で最後まで行けそうですねと。

 二上がりのところ、「里ろと」はその前から里をねらっておくこと。「と」は中指で押さえる。高速「ヌリとレ」は難しいっす。この二上がりのところ軽快で好きだなあ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。