スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長唄 篠笛・能管お稽古 「新曲浦島」

 前回の予告通り上がりました。最初吹いたときに、力みすぎて音が伸びてこないとのご指摘。まさにその通りで、力を抜いて、かつしっかり吹くことをイメージ。今度はOKいただきました。最初からこれができればなあ。能管のヒャイトロが少しなまっているので気をつけること。実はこのヒャイトロは自分の中でも、どう感じを出すかいろいろ試行錯誤しているところなので、見抜かれていました。気をつけて吹いていれば自然と良くなると思いますヨ。との師匠の言葉が深い。

 次の曲は「雛鶴三番叟」。竹笛は初心者のときに吹く曲だが、能管が入ると初級ではやらない曲。三番叟物は長唄にもいろいろあるし、清元、義太夫、能、いろんなジャンルに出てくる。能管としては、「大ユリ」「三番地」「鈴の段」がある。唱歌を確認して次回より初三番叟ものです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。