長い間ありがとうございました

 これがFC2ブログ最後の日記となります。長い間ありがとうございました。いろいろ私生活でありましたのでちょっと心機一転です。

 ふくふく日記第二章がどこかで始まっているかもです(^_-)
スポンサーサイト

ひきだるま 長唄三味線のお浚い会でした

 お線香をあげてから出発。お天気は良いんですが気温は低く寒い朝でした。前日に二と三の糸を張り替えて、三つ折れにして持って行くことにしました。会場は区民館の和室。50畳の部屋に舞台がついています。脇に通路を広くしたスペースもあるし、他に2部屋ほど借りていたのでゆったりです。いつも思うんですが中央の方の区民館って凄く立派です。

 2年前初めて出たときは師匠の弾き唄い。昨年は熊本八千代座で唄の先生をお呼びしての開催。今回も唄の先生をお呼びしての開催です。私は唄の先生が一人ついて、二挺一枚で「雨の四季」を弾きました。賛助出演いただきましたのは、杵屋五功次師匠、杵屋三七郎師匠のお二人です。

 早めに集合してまずは会場のセッティング。テーブルで山台を作って毛氈をかけます。正座ができない方用に山台をずらして座れるようにしたりの工夫満点の山台のできあがり。師匠と何名かの先輩諸氏が事前に会場を視察したりしてくれていました。おかげで準備もスムースに。ホントにありがたいことです。

 開演後は会場で聞いたり、控え室で爪弾きで練習したり、お弁当をいただいたりして過ごします。カツサンドと海苔巻き・お稲荷さんの弁当美味しかった。三味線の方は取り替えた糸がどうしても伸びやすいので、師匠に見てもらった後も伸ばしたり、練習して再度調子を確認したりしていました。

 今回賛助していただく五功次師匠にご挨拶していなかったのに気づき、控え室に伺ってご挨拶。なかなか二枚目の甘いマスクの師匠です。声は三七郎師匠が透明感のある声っていう印象に対して、五功次師匠は顔に似合わず渋い感じのお声です。こういう声も良いですね。

 何名かわざわざ足をお運びくださった方もいらっしゃいました。その方達にも合間を縫ってご挨拶。ありがたいし嬉しいものです。

 だんだん自分の番が近づいてきます。自分的には、今回のポイントは一人で弾く部分をきっちり音にすること、陽気な曲なので楽しい気持ちで弾くこと、難所は調子変え、と思っていました。それと昨年の日記に書きましたが、

http://awafue.blog56.fc2.com/blog-entry-749.html

「八千代座ひきだるま」昨年の日記

棹を見ないで弾けるようになる、というのがありました。この一年それを目指して練習してきましたので、それがどこまでできるのかというのも今回のテーマでした。ただまだ十分ではないのでオクターブのところにだけマーキングしてあります。

 いよいよ自分の出番です。舞台袖から舞台に上がりマイ師匠に三味線の調子を確認していただきます。師匠の合図で幕が開きます。けっこう落ち着いていました。始まれば後はもう川に出た小舟のように流れに身を任せるだけ。

 途中何カ所か間違いましたが、全体的には今の自分の力がけっこう出せたように思い、達成感と充実感がありました。もちろんまだまだ下手くそなんですが、練習含めて一番良い演奏ができました。マイ師匠と五功次師匠に大感謝です。私の力を普段以上に引き出してくださいました。

 打ち上げでは大いに飲んで楽しみました。素晴らしい師匠と師匠を支える頼もしい諸先輩方、愉快な弟子仲間たちと飲むお酒は格別です。

 さて、次の曲は何になるかな。楽しみです。

長唄三味線のお稽古 「雨の四季」

 ここのところ練習できなかったのがてきめんに出ました。暗譜度が95~90%くらいになっていました(汗)。師匠からは、暗譜だけでなく譜面を見ながらも練習するよう言われました。練習中、師匠が三本とメモされていたので、三本調子?随分低いんですねと伺ったら、最後は五本三下がりだから唄方男性だとこれくらいじゃないと、とのこと。なるへそ。勉強になりました。

長唄三味線のお稽古 「雨の四季」

 暗譜度は95%くらい。1ヶ月前にしては上々ではないかと。えっへん!ときたま消えますが(笑)。あと、1ヶ所しまらなくていいところで締まってしまうクセを直さないと。消しの手があると緊張して締まってしまう癖があるみたいです。

 そうそう、番組表をいただきました!全25番中16番目でした。

日時:2013年2月24日(日) 開場 10:30 開演 11:00
会場:千代田区麹町区民館

出入り自由、ドリンク飲み放題、お菓子付き

賛助出演
杵屋五功次
杵屋三七郎
敬称略m(_ _)m

篠笛・能管お稽古 長唄「勧進帳」

 「七福神」はいったん置いて、途中だった「勧進帳」を勉強しました。今回はホントに勉強という感じで、特に後半の中ノ舞、延年の舞、あたりのお話がメインでした。正直に言うと、半分も理解できていない自分。このあたりはいろんなパターンがあるそうです。伊十郎CDバージョンを題材に具体的にここはこの部分とか。これならまだ少しわかります。お手本もたくさん吹いてくださり耳より目が釘付け。録音より録画したいです。盤渉舞というのは中ノ舞の一音高いバージョン。笛での話です。

 こうして日記に書いても、ようわかりません(笑)。あとは実践と実戦ですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。